予防接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

公開日 2022年01月25日

更新日 2022年01月25日

 ワクチン接種では、副反応による健康被害が、極めて稀ではあるものの無くすことができないことから、救済制度が設けられています。

 予防接種法に基づく予防接種によって健康被害が生じ、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、医費等の給付が受けられます。

 救済制度の詳細については、厚生労働省のホームページ「予防接種健康被害救済制度」にてご覧いただけます。

 ●厚生労働省 予防接種健康被害の救済制度のページ(外部リンク)

この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-0179
FAX:0193-22-6375
お知らせ:問い合わせメールはこちら